【出産後のホルモンバランスの崩れから起こる女性の薄毛・脱毛症のしくみ】

産後の女性ホルモン急減が原因

 

女性の育毛剤おすすめ商品ランキングはコチラ

 

出産後に髪の毛が急に抜けてびっくりされることがよくあります。

 

授乳期にわたって長く続くことも多く、「自分は母ではあっても、もはや女ではないのか?」とショックを受けられることもあるかと思います。

 

「分娩後脱毛症」と呼ばれるこの症状について説明しましょう。

 

妊娠・産後で激動する体内の性ホルモン

分娩後脱毛症の場合も、基本的なメカニズムは一般的なびまん性脱毛症と変わりません。

 

女性ホルモンが減少することで男性ホルモンの相対的存在感が増し、それが毛根に入って発毛を邪魔するということです。

 

妊娠期と産後は、女性の一生の中でも特別な性ホルモン激動時代です。

 

妊娠期には爆発的に増えたものが、産後は激減します。

 

重要な女性ホルモンは、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)、エストロゲン、プロゲステロンの3種。

 

性ホルモンの種類は複数あり、そのバランスが大切なのですが、産後の激減期にはバランスも崩れまくります。

 

このうち発毛に関係が深いエストロゲンは出産直前にピークに達し、その後激減します。

 

フラフラと態勢を崩しながら墜落していく飛行機のようなものです。

 

あるいはジェットコースターのアップダウンに例えてもいいでしょう。

 

すべてが落ち着いて普段の状態に戻るのに、人によっては1年くらいかかります。

 

この時、人によっては脱毛症が起きるのです。

 

ただ、永続的なものではなく、半年から1年くらいで元に戻るものです。

 

体調や精神のバランスも崩れる産後

産後のホルモンバランスの崩れは、様々な全身症状を起こす場合があります。

 

更年期には、冷え・ほてり・だるさ・イライラなどの原因のはっきりしない症状(不定愁訴)が起きますが、メカニズムは同様です。

 

いわゆる「産後うつ」もホルモンバランスの乱れが原因です。

 

授乳期は乳児の世話のストレスもあって、次のような精神状態になりやすくなります。

 

  • 落ち着かない
  • 気分が変わりやすくなる
  • イライラする
  • 急に不安になる
  • わけもなく悲しくなる
  • 涙もろくなる
  • 怒りっぽくなる

 

こんな時に髪の毛が薄くなったら、どんな気持ちになるか?

 

普段なら「この脱毛は一時的なものだから」と落ち着いて受け止められるものでも、絶望的な気持ちになるかもしれません。

 

脱毛ケアをしながら、心を前向きに保つ

精神も不安定な時期だからこそ、「一時的なものだ。放っておこう。」というのはおすすめできません。

 

ストレスがたまると女性ホルモンがさらに減少し、脱毛も加速しかねません。

 

育児が忙しいですが、あえて脱毛ケアもしっかりしましょう。

 

その作業を通じて「一時的なものだ。必ず元に戻る。私はまだまだオンナ」との信念を固めるのがいいでしょう。

 

女性の育毛剤おすすめ商品ランキングはコチラ