【参考: 男性の薄毛・ハゲの原因】

遺伝と男性ホルモンが原因

 

女性の育毛剤おすすめ商品ランキングはコチラ

 

男性型脱毛症(AGA)とは?

思春期以降に始まる男性の薄毛・ハゲのことです。

 

AGAは、男性型脱毛症の英名Androgenetic Alopeciaの略称です。

 

生え際・または頭頂部、あるいはその両方で脱毛が始まり、年齢とともに進行します。

 

完全に脱毛して皮膚が露出した領域が拡大していきます。

 

女性の脱毛症が全体的に薄毛になっていくのと、大きく違う点です。

 

全国で1,260万人の男性がこの症状を有しており、成人男性の3人に1人に相当します。

 

AGAの原因

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンと遺伝と考えられています。

 

男性ホルモンのテストステロンという物質が、5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンというホルモンに変換される。

 

このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合して、髪の毛の成長を抑制します。

 

ただし、この受容体の結合のしやすさは遺伝によって異なります。

 

つまり、男性ホルモンが多くて、遺伝的にそれがハゲにつながりやすい人がAGAになるというわけです。

 

AGAの遺伝リスクの大きさは、DNA検査でわかるようになっています。

 

男性型脱毛症の原因 男性ホルモンの過剰と遺伝
女性のびまん性脱毛症の原因 女性ホルモンの減少

 

 

AGAの治療法

男性の脱毛症と女性の脱毛症が原因が違います。

 

だから治療法も違います。

 

男女ともに使われているミノキシジルのような成分もありますが、女性が使ってはいけない薬もあるので注意してください。

 

それは、フィナステリドです。

 

「プロペシア」「プロスカー」といった商品の成分です。

 

5αリダクターゼの活動を阻害して、ジヒドロテストステロンの産生を抑制する作用を持ちます。

 

女性に対しては禁忌で、その理由は深刻な催奇性です。

 

男性胎児に対して深刻な先天奇形を引き起こすので、妊婦および妊娠する可能性がある女性は触れてもいけません。

 

ほかにはケトコナゾールも催奇性がある成分です。

 

男性用育毛剤の成分について、何が危険で何が危険でないか、素人女性が判断できるはずがないですね?

 

女性が安易に男性用育毛剤を使うなどというのは、とんでもなく危険なことなのです。

 

女性の薄毛対策には、必ず女性用育毛剤を使うようにしてください。

 

女性の育毛剤おすすめ商品ランキングはコチラ