【男性のAGAとは異なる女性の薄毛FAGAの原因としくみ】

全体にボリュームがなくなるのが特徴

 

女性の育毛剤おすすめ商品ランキングはコチラ

 

女性特有の脱毛症状

女性の薄毛は、男性の脱毛症と違って全体にボリュームがなくなるのが特徴です。

 

おでこや頭頂部が完全に脱毛して禿るのではなく、まんべんなく毛髪が弱る感じです。

 

これは「びまん性脱毛症」と呼ばれています。

 

男性型脱毛症「AGA」に対して、女性男性型脱毛症「FAGA」という言葉がありますが、同じものです。

 

脱毛症の根本原因

脱毛症の発生に男性ホルモン(テストステロン)が大きく関わっている点は、男女共通です。

 

まず、女性の体内にも男性ホルモンは出ているし、男性の体内にも女性ホルモンはあるということは理解しておいてください。

 

ただ、量のバランスが性によって大きく異なるということです。

 

さて、テストステロンが毛根にある毛乳頭に入るとジヒドロテストステロンに変化します。

 

ジヒドロステロンが毛母細胞に入り込むと、細胞分裂が鈍くなり、髪の毛が活発に作られなくなります。

 

話を簡単にすると男性ホルモンが毛根に入り込むことが脱毛症の原因なわけです。

 

そして、これは誰にでも起こることではなくて、遺伝により男性ホルモンを受け入れるレセプター(受容体)を持っているかどうかで決まります。

 

FAGAが起きる仕組み

男性のAGAは、簡単に言うと禿る遺伝子を持った人の体内で男性ホルモンが増加することで起きます。

 

これに対して、女性男性型脱毛症(FAGA)は女性ホルモンが減少することで起きます。

 

女性ホルモンが減少することで、ごくわずかな男性ホルモンの相対的な存在感が増し、脱毛症が始まるわけです。

 

しかしながら、女性ホルモンは減るとはいえ、なくなりはしないので、男性ホルモンが支配的にはなりません。

 

これがFAGAの症状がAGAに比べて穏やかな理由です。

 

つまり完全に脱毛してハゲきらずに、全体的に薄くなるという症状になるのです。

 

女性ホルモンが減少する原因

  1. 加齢
  2. ストレス
  3. 過度のダイエット
  4. 生活習慣の乱れ
  5. 出産

 

一番多い原因はやはり加齢です。

 

早い人は35歳くらいから、普通の人でも40代に入ると女性ホルモンはだんだん減っていきます。

 

そして更年期に入ると激減し、様々な原因不明の体調不良(不定愁訴)を起こします。

 

これがいわゆる更年期症状です。

 

このため、びまん性脱毛症はこれまで主に中高年女性の悩みでした。

 

しかし、最近は若い女性の間ででもFAGAが増えています。

 

2・3・4番目の原因によるものです。

 

さらに妊娠中は女性ホルモンが爆発的に増え、産後に急減します。

 

産後のいわゆる「分娩後脱毛症」については、別のページで解説しましょう。

 

女性の育毛剤おすすめ商品ランキングはコチラ