【加齢ではなく、ダイエット・食生活習慣・ストレスなどが引き起こす若い女性の脱毛症】

近年、脱毛症に悩む若い女性が激増

 

女性の育毛剤おすすめ商品ランキングはコチラ

 

びまん性脱毛症と言えば、従来は中高年女性のものでした。

 

ところが、最近は30代とか20代の女性でもそういう人が増えています。

 

ひどい場合は円形脱毛症など、局所的に髪の毛が完全に抜けてしまうこともあります。

 

これは加齢が原因ではありません。

 

現代のライフスタイルに関係の深い要因により、髪の新陳代謝のサイクルが阻害されているのです。

 

原因1 ダイエット

過剰なダイエットが原因になっている場合があります。

 

極端な食事制限をした場合、それは自分の体を飢餓・栄養失調状態に置くことになるわけです。

 

それは数週間後に髪の毛や爪に形となって現れます。

 

不健康な髪は強度が弱く、切れ毛・抜け毛が起きやすくて、最悪は脱毛症となるわけです。

 

原因2 食生活習慣

不規則で偏った食事が癖になっていると、それも脱毛症につながる場合があります。

 

髪の毛や爪は皮下で作られて外に出てくるものですから、栄養はとても大切なファクターなのです。

 

原因3 ストレス

仕事や人間関係などのストレスも、若年性脱毛症の原因になります。

 

心労がひどいと毛が抜ける場合があることは昔から知られています。

 

ただ、昔と違って、今は20代など、ごく若い女性でも激しい心労を感じることが稀でなくなったということです。

 

女性の育毛剤おすすめ商品ランキングはコチラ

女性の若年性脱毛症の対策

応急措置として、女性用の育毛剤や育毛サプリを使用するのはよいことです。

 

毛根の状態を整えたり、栄養を高めて発毛を促進してくれたりします。

 

しかし、同時に上に挙げたような原因を取り除いていく努力をしましょう。

 

仕事を続ける上で、原因を一挙に取り除けない場合もあるでしょうが、少しでも改善する努力をすべきです。

 

本来は、育毛商品い頼らずとも美しい髪が生える素地があるわけですから。